横浜市 青葉区 藤沢 薬局 処方箋/お薬 医薬品 種類 保管方法 調剤 Q&A

処方箋

処方箋をもらったら

処方箋には、患者さまが服用するお薬の内容がかかれています。
これを薬局(保険薬局)にお持ちいただき、お薬と引き換えることができます。
お薬をもらう薬局は患者さまが自由に選ぶことができます。

◇処方箋の注意事項◇
処方箋の有効期限は発行日を含めて4日以内です。それまでに薬局へお持ちいただけなければ、無効となってしまいます。

薬局では処方箋のお薬をお渡しする際、お薬の飲み方、効能・効果、保管方法、気をつけることなどをご説明し、必要な情報を文書としてお渡しします。
必要に応じて、おくすり手帳もお渡ししています。(「おくすり手帳」参照)
また、処方の内容によってお薬を取り寄せた場合や、患者さまご本人の来局が困難な場合は、ご自宅までお届けもいたしますので、お気軽にご相談ください。

かかりつけ薬局

患者さまが病院・医院で処方箋をもらった場合、お薬をもらう薬局(保険薬局)を自由に選択することができます。

どちらの病院・医院でもらった処方箋であっても、同じ薬局でお薬をもらい、また気軽にお薬のことや病気のことを相談できる薬局を「かかりつけ薬局」といいます。

かかりつけのお医者さま(ホームドクター)をもたれているのと同じように、薬局もかかりつけ薬局をもたれることをお薦めします。

調剤薬局では、患者さま一人一人のお薬や病気のことなどをお薬のカルテ(「薬歴」)で管理しています。

薬歴にアレルギーや副作用歴などの体質も記録し、処方されたお薬を服用する際の注意点などを確認します。複数の病院・医院で処方された場合、お薬の飲み合わせ(相互作用)や同じ成分のお薬が重複していないかなどを確認します。市販されているお薬や健康食品、食べ物などの飲み合わせを確認し、お薬をお渡ししています。

薬歴は最低2年間保管します。いつも同じ薬局でお薬をもらうことで、患者さまのお薬に関する情報を全て管理することができます。

おくすり手帳

おくすり手帳おくすり手帳は、「いつ」「どちらのお医者さまから」「どのようなお薬を」「どのくらいの期間」処方してもらったか、お薬の飲み方と注意点などを記入していく大切な手帳です。
病院・医院や薬局に行った際、お医者さまや薬剤師にみせることにより、お薬の飲み合わせは大丈夫か、同じ成分のお薬が重複していないかをチェックできます。
また、お薬による副作用が生じてしまった場合、おくすり手帳の記録を確認することで、原因となったお薬の特定や迅速な対応にも役立ちます。

<おくすり手帳の利用方法>

  • 病院・医院、薬局では、お医者さまや薬剤師におくすり手帳を必ずお見せください。
  • 薬局でお薬をもらうときは、その内容などを毎回記入してもらってください。
    (病院などでもらったお薬や市販薬についても、名前だけでも記入しておくとよいでしょう。)
  • 診察中の説明などのメモとしてもお使いいただけます。
  • お薬を飲んでいて気になることや分からないことがあったときはメモをしておいて、次回診察の際にお医者さまや薬剤師に確認するなど、おくすり手帳を活用してください。

おくすり手帳は、患者さまご自身で管理する個人のお薬の大切な記録です。

お医者さまから処方されたお薬

お医者さまから処方されたお薬病院・医院や調剤薬局でもらうお薬は、お医者さまが診察したときの症状にあわせてお薬を処方していますので、ご自分の判断で常備薬としてお使いになることは避けてください。やむを得ず残っていたお薬を使用した場合は、早めにお医者さまを受診し、お薬を使用したことをお話していただいた上で、今回の症状にあわせたお薬を処方してもらってください。
また、処方された人のためのお薬ですので、家族や友人にあげたり、もらうことはやめてください。
ご自分の判断でお薬を飲んだり飲まなかったり、あるいは量を増やしたり減らしたりすると、お医者さまはそのお薬の効果がわかりにくくなってしまいます。お薬はお医者さまの指示通りに使用しましょう。

後発医薬品

後発医薬品(ジェネリック)とは・・・

お医者さんに処方してもらうお薬には、同じ成分、同じ効き目のものでも、値段の高い薬と安い薬があります。高い薬は、日本で最初に発売された薬(新薬)で「先発医薬品(先発品)」と呼ばれるものです。安い薬は、新薬の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て発売される薬で「後発医薬品(後発品)」と呼ばれているものです。後発品はジェネリック医薬品ともいいます。

後発品(ジェネリック)はどうして安いの?

ひとつの新薬の開発には、10年以上の長い年月と、150〜200億円もの莫大な投資が必要とされます。また、新薬を承認してもらうためには、動物での非臨床試験や人間による臨床試験を始めとする多くの資料の提出が義務づけられています。一方、後発医薬品は、製品の品質の安定性と先発品との生物学的同等性を証明する試験を行い、厚生労働省の基準をクリアすれば製造承認を受けることができます。一般には3〜4年の期間と数千万円の開発経費が必要とされています。つまり後発品が安い理由は、新薬に比べて研究開発費が少なくてすむからなのです。

安いのはうれしいけど、品質は大丈夫?

医薬品には、品質・有効性・安全性を確保するために、薬事法によって規定が定められています。後発品は新薬と同様に、これらの規定を守って開発・製造・販売されています。また、平成9年2月から厚生労働省は、後発品の更なる品質確保のため、「品質再評価」を開始しました。「品質再評価」とは、同じ成分の医薬品が同じように溶ければ、同じように吸収され、同じ効き目が確保されるという考え方に基づき、医薬品の溶け方を試験することによって、先発品と後発品の同等性を確認し、その結果を公表する制度です。

「先発品」と「後発品」、値段のほかは全部同じ?

「先発品」と「後発品」は医薬品としての効果や安全性は同等とされていますが、全てにおいて同じというわけではありません。なぜなら後発品が承認される際、見た目や使用感などの「使い心地」、「飲みやすさ」は審査の対象外だからです。例えばシップなどの貼り薬の場合、肌への粘着力や刺激性などは審査されません。飲み薬の場合も錠剤の大きさ、粉薬の味などは審査されません。そのため、たとえ薬の成分が同じであっても、先発品と比較して「使い心地」や「飲みやすさ」に違いがある後発品があることも否定できません。また、薬の副作用などを含む医薬品情報を、医療現場に提供する際の積極性や迅速性も製薬会社によって違いがあります。

お薬を選ぶポイントは何?

かぜなどの急性疾患はもちろんですが、特に慢性疾患を患っている患者さんにとっては、薬の使い心地や飲みやすさは、薬を選択する上での大切な要素になります。また、服薬期間中に新たに副作用が発生した際、製薬会社がいかに迅速に医療現場に情報提供できるかということも重要なポイントです。それらの事柄を総合的に判断した上で、価格だけに惑わされることなく、厳しい選択眼をもって、薬を決めていくことが大切です。

欧米でも後発医薬品は使われているの?

国際的に見ても、後発品は多くの国で使われています。しかし、全ての医薬品に後発品があるわけではありません。特許期間が切れた後に発売される後発品と最新の治療薬である先発品を効果的に使い分けることによって、高騰する患者さんの医療費を軽減しながら、病気を治療することが可能になるのです。

後発品調剤をご希望される患者さまへ

まず処方箋をご確認ください。
処方箋右下の「後発医薬品への変更可」のチェック欄に保険医の署名または記名・捺印があれば、後発品へ変更することができます。ただし、後発品が発売されていない医薬品や、10種類近くの後発品が発売されている場合などがあり、全てのお薬をお取り揃えできておりません。

また、後発品によっては、すぐにご用意できる場合と、お取り寄せに2週間ほどかかってしまう場合もあります。

当薬局では、患者さまのご意向に沿えるよう努めてまいりますが、お薬の入荷日等、ご要望に添えない場合もありますので、
何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
後発品調剤をご希望される患者さまへ
上の画像はクリックすると拡大表示します。